介護の求人を探す上でのポイント

高齢化率の急速な向上に伴い介護の求人も急増しています。



では介護の求人を探す上でどのようなことに気を付けたらよいでしょうか。

ポイントとして2つのことが挙げられます。



まず、労働条件がどのようになっているのかをしっかりと確かめるということです。



この業界は人手不足が慢性化しているため、ややもすると無給の休日出勤やサービス残業が常態化している職場もあります。



余裕のない勤務体系が組まれているところでは職員が疲弊しきっており、連携が必要な業務であるにも関わらず職員間の人間関係自体がギクシャクしており業務が円滑に進まないといった状況が見られます。



したがって最初の時点で労働条件を確認することが重要となります。



次にスキルアップ向上のための体制が整っているかということです。



介護は体力的にきつく、対人援助サービスゆえに心理的にも厳しい仕事と思われがちです。しかし正しい技術を身につけると小さな力で利用者を動かせることができ、腰痛などの故障も生じることがなく、また適切なコミュニケーション能力を修得することで利用者のニーズを的確に把握でき精神面の疲労を感じることもありません。


そのためにも段階的かつ体系的な研修や講習が必要となりますが、その実施や受講料の支援などは職場によって温度差があります。
ときには人手不足や経費削減を掲げ、スキルアップの機会を設けないところもあるので求人の時点で、その点を確認する必要があります。



関連リンク

  • 高齢化が進む社会では、介護を担う役割りの重要性が増します。介護を仕事にする場合は、人に対し献身的になれる事が欠かせませんし、体力が十分備わり体が若い点も重要です。...

  • 高齢化率の急速な向上に伴い介護の求人も急増しています。では介護の求人を探す上でどのようなことに気を付けたらよいでしょうか。...