引きこもりのための支援

引きこもりのための支援

人間関係がうまくいかなくなってストレスがたまり、引きこもりになってしまう人は増えています。
サポートをしてくれる家族がいればよいですが、いつまでも引きこもりの世話ができるわけではありません。


経済的な問題も出てきますから、引きこもりをできるだけやめさせるような支援が必要です。


ただ、心に傷を抱えている人を無理やり、外に引っ張り出そうとしても、さらに傷が深くなってしまいます。
無理をせずに引きこもりを改善させる方法として、支援を行っている団体に頼る方法があります。

国を挙げて引きこもりの対策を考えており、平成21年からは地域支援センターを各都道府県に設置する試みが行われています。
引きこもっている人から話を聞いて相談にのったり、仕事をしたいとい人のためには求人募集の情報を配布し、企業と渡りをつけることも行っています。



平成25年からはひきこもりサポーターを養成して派遣をする取り組みも行われています。



引きこもっている人だけではなく、その家族からの相談にも対応できるようなシステムが整えられており、継続的な支援を行うことが可能になっています。ひきこもり対策となる情報を広く共有することによって、一人で悩みを抱えずに、同じ環境にいる人たちと悩みを共有することができるようになっています。


地域支援センターからは、健康福祉士や臨床心理士の資格をもった人を派遣してもらえるので、第三者に相談するだけでも、気持ちが軽くなることがあります。



Copyright (C) 2016 引きこもりのための支援 All Rights Reserved.